リッツカールトン大阪宿泊体験記
 

リッツカールトン大阪の寝室

 
   
   
 

リッツカールトンのスイートルームの寝室は、リビングとは別にあるのでゆったりです。
スイートは各階の角部屋になり、寝室は、その角に位置するので窓からの夜景は最高です。
ベットは柔らかすぎず、硬過ぎずちょうど良い感じで最高の寝心地でした。


チェックインしたときには、こんな感じで白い枕が1人2つと、抱き枕?らしきものが1つ置いて
ありました。 この抱き枕?らしきものは、夕方のベットメイキングのときには、無くなっていて、
よく探してみたら、ベットメイキングしに来たスタッフが収納の中に入れていったようです。
これは、昼用のものなんですね。
多少シーツにシワがよっているのは、既に何回かベットの上で寝た後に撮影したからです。


ベットの横には、寝転ぶのにちょうどいいソファーがあります。
ここで、足を伸ばして座れば、とても気持ちいいですよ。
読書やうたた寝、夜景を観るときの椅子等、用途はさまざまです。


なんかリビングでも見覚えのあるこの家具は!?


やはり、開けてみるとテレビでした。
テレビをつけると、リッツカールトンの館内の紹介ビデオが流れています。
当然、テレビ番組は無料で見れますが、有料でオンラインビデオが観れます。
ただし、誰かが観ているとそのビデオは観れないらしく、いい映画は観れませんでした。
また、有線放送も流せるので、ロマンチックなBGMを流したり、最新の曲を流しながら
くつろぐ事も可能です。


このようにテレビの角度を変えれるので、ベットからもソファーからも両方からテレビを
観ることが可能です。


夕方に、スタッフによるベットメイキングがあるのですが、その際にベットにこんなものが
置かれていました。 ハーブティと折り鶴と紙切れが1枚。
ハーブティは、きっと良い眠りにつけるようにと願いをこめてのことだと思いますが、
折り鶴はいったい!?


さきほどの紙切れ1枚というのは、明日の天気予報でした。
上の段が日本語で、下の段が英語です。
ちなみに、このときは曇りで予想されていました。 たしかに翌日は曇りでした!


ベットメイキングのタイミングで、さきほどのハーブティの他に、
ベットの横にミネラルウォーターが置かれていました。
これは大変ありがたい! ほんと嬉しかった(^^♪