リッツカールトン大阪宿泊体験記
 

リッツカールトン大阪のアメニティ

 
   
   
 

リッツカールトンの素晴らしさの1つに、アメニティの充実もあると思います。
そして、その一つ一つが上質で、無くなったからすぐ補充してくれます。


珈琲カップとお湯の入ったポットです。


日本茶を入れる湯呑やワイングラス、通常のグラスがあります。
上の方に写っているのが、氷を入れるケースで、夕方に氷を入れて持ってきてくれます。
氷が無くなった場合、連絡すればすぐに新しい氷を持って来てくれます。


レギュラー珈琲、煎茶、こぶ茶、紅茶、クリーム、かくはん棒(砂糖付)


上品な本がいろいろ置いてありました。読んだことがない本ばかり・・・。


パジャマです。 とても肌触りがよくて気持ちいいです。


スリッパです。 絨毯が清潔なので、スリッパは使いませんでした。


洗面所にあるブルガリのシャンプー、リンス、ボディソープ等です。


歯ブラシ、くし、髭剃り、シェービングフォームなど


お酒、おつまみ、カメラなど


お酒やおつまみの値段表です。 部屋の引き出しから取って自分が食べた分だけ数量を記入して
帰りにこの紙をフロントまで持っていくシステムです。
連泊の場合は、補充のタイミングで、記入してくれますが、最後の日は自己申告です。
シャンパンは7000円、ウィスキー、ウォッカ、ジン等は小さいので1000円以下です。
写真に撮っていないですが、冷蔵庫にも烏龍茶やジュース等が入っています。


机の中に、裁縫道具、ボールペン、メモ帳、ネットのケーブルなどがあります。


朝、ドア下に新聞を持ってきてくれます。嬉しいサービスですね。